カマグラの使用や購入で気をつけねばならないこと~副作用や注意など

カマグラはあまりにも安い値段で入手できるので、「体に悪くないの?」と心配になる人もいるでしょう。でも、製法は違ってもバイアグラとまったく同じ成分で作られているので、副作用や他の注意事項も一緒です。乱用しなければ安全ですので、正しい知識を身につけて安心してください。
副作用について知っておこう

目の充血や顔のほてりが、ほとんどの人に現れます。これらは薬が効いて血行がよくなった証拠ですので、長時間続かないようであれば気にすることはありません。

また、頭痛や胸の動悸が起きることも稀にあります。4~6時間で症状がおさまるなら、これらも心配しなくて大丈夫です。頭痛がひどいときは、ロキソニンやバファリンなどを使用してもかまいません。

飲みすぎると副作用が悪化することがあります。カマグラは50mgで十分な効き目があるので、量を増やすときは最大でも100mgまでにしてください。また、一度服用したら24時間は空けるようにしましょう。

飲む前に少なくともこれだけは注意してください

狭心症や心筋梗塞などの発作を抑える薬と飲み合わせてはいけません。血圧が急激に下がってしまうため、死にいたる恐れがあります。また、不整脈を安定させる働きがある薬も、併用すると心臓の動きに異常をきたすことがあります。

他にも、肝機能障害や心血管系障害を患っている人は、医師に相談してからご利用ください。

信頼できる業者から購入しよう

個人でカマグラを輸入するのは危険です。海外ではカマグラの偽造品が出まわっています。とは言え、日本の薬局やドラッグストアでは手に入らないので、信頼できる個人輸入代行サイトから入手しましょう。

また、アジャンタファーマ社の正規品であることを必ず確認してから購入してください。
カマグラは重大な副作用がないため、服薬が禁じられるような持病を持たない方は、乱用さえしなければ安全にご利用いただけます。ただ、偽造品は効果がないだけでなく健康を害する恐れがあるので、必ず信頼できる個人輸入代行サイトで正規品を購入するようにしましょう。また、製法に違いがある以上バイアグラとまったく同じ効果が保証されるものではありませんので、その点はご留意ください。